忍者ブログ

結奈の反省日記

男の気持ちとして女性に希望するもの…。

男の気持ちとして女性に希望するもの、一番は 「優しさ」。この優しさとは「思いやりがある」という意味。目に見える行動の例は絶対に「譲る、誉める、喜ぶ」。これら3つの言葉が重要なのです。
すなわち拒否的な、他にはおとなしい対応が、女の魅力をアップさせるという事実がはっきりします。反対に、軽々と異性の誘いにのるようでは、きみの魅力低くするというわけ。
例えば結婚前提の交際のような長い年月女性と過ごしたいのなら、優しさもあって、賢くて、忠実なだけでなく、信頼もおける相手への思いやりもあるそんな父親のような男性になることを目標に。そんな人は結婚できます!
恋をしていると、わりかし近くに、だけどいくら考えても叶うことがないとても大きな幸福が存在するように考える。加えてその幸せは、たったひとつの言葉、そしてひとつの微笑にのみ響くのである。


PR

気を付けて!テーブル席の場合…。

気を付けて!テーブル席の場合、席が目の前なら、自分の彼女にしたい人の目の前にはさえぎる物(携帯や手帳それと水など)を置いてはいけない。物を置いておくとその相手に圧迫感を感じさせてしまうのだ。
触れるすべてのものを気高いものにする、恐ろしい愛の魔力である。ちょうど、豊かな光で濁った黒い雨雲さえ金に変えてしまう太陽のようである。
ただ女の人が、男性の会話に気持ちを込めて傾聴してください。「そうなの?素敵な話、続きは?」と身を乗り出して眼を輝かせながら憧れを傾聴しなさい。それだけで十分。
自分の彼女にしたい相手が体調を崩してしんどいときこそ気持ちを込めて言ったフレーズや相手のことを気遣っている気持ちを知らせると、スピーディーに相手を惹きつけることができるおかげで、これはここぞというときである。
一般的には愛についての問題を「人を自分が愛する」というクエスチョンや、「愛する能力の課題」としてではなく、「愛される側」という考え方として認識している場合が多い。

どれもこれも不滅の恋愛の物語には母性があった。真の女性としての素質を備えた女が男の激しさを知ってひかれるのは男性のかわいい部分を知っているから。



意外とイケメンは…。

意外とイケメンは、「女好きそうだよね」「モテモテじゃないの?」「きっとたくさんの恋愛してるよね」と想像されてモテないもの。一般的には女性のターゲットからそうでなくなることが珍しくないのです。
親どうしも認めている結婚前提の交際のような本当に長い年月女性を引き付けたいのなら、とてもやさしくて、賢くて、忠実なだけでなく、信頼もおける女性への思いやりもある頼りがいのある父親のような男になって。きっと結婚出来るはず。
くしゃみなんかを両手で隠して、音をできるだけ静かにしようとする人は小悪魔体質ということ。それほどまで周りに配慮して、活動している人は、周りの人に配慮が行き届くので、モテると期待していい。
顔を見る回数が増えると、女はあなたのことをどんどん好きになっていく。これは実証済みの心理学的な現象が知られている。「おはよう」のあいさつで、忙しくても1日1回は、お互いの顔をあわせよう!
一般的な人は愛に関する問題を「相手を愛する」という悩みや、「相手を愛する能力の判断の問題」としてではなく、「愛されること」という考え方として判断しているのが普通だ

「犬好き」という人は感情表現にあふれた恋人を作りたがる。気持ちを込めた分自分に対しても同じようにしてくれるそんな理想の自分好みの恋人がほしいと思い願う場合がある。
女性はもともとの身体的なあれこれと褒め言葉は求めているものではありません。とうよりも、ちょっとしたおしゃれ、手を入れていることを的確にほめてくれたら女性は本当に褒められたというのはあたりまえ。
愛、それは、孤立した人がひとりぼっちの孤独感を解消しようとする、そんな人の心であり、ということは愛、それこそが実際の社会の中で、ますます幸福に人生を過ごすための最も素晴らしい技術。
キスをすることで、彼や彼女のDNAや生殖能力の情報を探り、相性がぴったりの人を選択しているのだ口づけで選べない、というのは動物どうしとしては相性に恵まれていません。